Skip to content

英雄*戦姫 攻略 まとめ

4月 5, 2012

・金の使い方
序盤は資金が余れば兵数の増員に当てていくべき。
できるだけヒミコなどで兵数を回復させ、補充に金を取られないようにする。
なお、増員できる兵数の上限は9999。それ以上は増員できないが、戦闘ボーナスで10000を超えて増やすことが出来る。

・イベントの進め方
イベントをこなすのに多大なスキルを要求されるため、他国への進軍とイベントを同時にこなすのは困難。
他国を征服してからじっくりとイベントをこなしたほうがいい。
また、他国の攻略が簡単になるイベントや、仲間が加わるイベントもあるため、それらはイベント前の会話を見た上で優先的にこなしたほうがいい。

・属性優位、クリティカルとブレイブゲージ
攻撃する際、相手の属性アイコンが赤く光る場合がある。その相手に攻撃をすると、属性優位となり大ダメージを与えられる。
属性優位ダメージはおそらく2~3倍。クリティカルの場合はダメージではなく、元の攻撃力が2~3倍になる模様。
基本的に、ブレイブゲージは与えたダメージに比例する分だけ攻撃側陣営に加算されるが、属性優位の場合は被ダメージ側に加算される。
よって、調子に乗って属性優位の攻撃ばかりしていると相手のブレイブゲージが溜まり、強力な攻撃が飛んでくるばかりか自陣のブレイブゲージが枯渇することにもなる。自分と相手のブレイブゲージを見て、戦術を考える必要がある。
また、クリティカルを受けた英雄は溜め状態が解除される。よって、溜めている英雄にはクリティカル率の高い攻撃を仕掛けるのが有効。

・防壁
敵の都市を選択した際に、左側に生産資金と共に城壁の有無の表示がある。
ここに壁のアイコンがあると、都市を攻め落とした際に、代わりに壁が壊れる。いわば都市の残機のようなもの。

・山賊
行動ポイントを余らせすぎていると敵ターンに山賊が出ることがある。
兵力は高くはないが、負けると所持金の1割を失う模様。

・序盤の低難易度攻略順
大華帝国→モンゴル→インド→南洋→オーストラリア→ハワイ
がおそらく最も簡単に攻略できる順番だと思う。そのあとは、
インディアス→USA または マケドニア→エジプト ではないだろうか。
その後はインカ・アステカやヴィンランドなどに進出していけばいい。

ロシアは強国な上に、寒冷地対策をしなければ兵数が半減した状態で戦うことを強いられる。
よって、EUを攻略した後に宣戦布告したほうがいい。ダ・ヴィンチの発明イベントで寒冷地でも兵数が減ることなく戦うことが出来る。
ドMな人や、ラスプーチン、イヴァン雷帝を早く仲間にしたいという人は、エジプトでツタンカーメンちゃんを仲間にしてから、半減した兵数をヒミコとツタンカーメンちゃんで回復しまくる力技でも攻略出来ると思う。

・高難易度ボーナス
難しいことをすると、ボーナスでアイテムが貰えることがある。
具体的には、「大華帝国の前にモンゴルを落とす」など、全ては把握できていない。
アイテムを貰うとジパング以外のすべての国が軍備を増強するために、アイテムを取るかどうか選択するべき。
・中華の前にモンゴル制圧(難度上昇)
・インド攻略中にセイロンを制圧
・中華攻略中に~~を落とす
・中華攻略中に・・・を落とす
・オーストラリア制圧前にハワイを落とす
・~~を落とす前にマケドニアを制圧(難度上昇)
・USAを落とす前にエジプトを制圧(難度上昇)
現在確認したものはこれだけ。他にもあると思われる。

これから、前半の主な敵国情報、兵数などを紹介。
兵数や兵科の傾向はあくまで目安。高難易度ボーナスのアイテムを入手することで兵数などは変動する。

・大華帝国攻略
呂布と孫子を分断するイベントを信長が提案するので、敵戦力を減らすことが出来る。それ以外は苦戦しないはず。
始皇帝、呂布、孫子が仲間に。

・モンゴル攻略
モンゴルではマルコ・ポーロを追い詰めるイベントを複数こなすことでモンゴル首都へのショートカットを見つけることが出来る。
フビライ・ハン、マルコ・ポーロが仲間に。

・インド攻略
すぐに三蔵法師が仲間になる。
攻略はとくに苦労しないはず。
三蔵法師、アショーカが仲間に。

・南洋(EU)攻略 兵数1000前後
剣士と銃士が目立つ。
クックが飛んでくるのでマゼランを助けに向かう。
クック、マゼランが仲間に。

・オーストラリア攻略 兵数1000~2000
剣士や槍兵が多い。
首都が存在しないため、全ての領土を征服する必要がある。
ヴラド・ツェペシュ、石川五右衛門、ジャンヌ・ダルクが仲間に。

・ハワイ攻略 兵数1000~2000
ヴィンランド海賊団に襲われているところを助ける。
カメハメハが仲間に。
*ニュージーランドのアオテアロアは意外と強敵なため(兵数2000~4000)
後回しがオススメ。
敵ターン中にヴィンランド海賊が出てくることがある。
負けると所持金の1割を失う模様。

・インディアス攻略 兵数2000前後
戦属性が前列に多くいるため、剣士や闘士は活躍しづらい。
兵数も少なくなく、油断はできない。
ジェロニモが仲間に。

・USA攻略 兵数2000前後
金80000でUSAを購入できる。購入しない場合は戦争。
銃士がとても多い。西部開拓時代をイメージしているのかもしれない。
剣士など近接攻撃ユニットでなく、槍属性などで攻めたほうが楽。
コロンブス、ビリー・ザ・キッドが仲間に。

・マケドニア攻略 兵数2000~3000
槍兵が前列に多くいる。
後列の術士、銃士などにも攻撃が届くため、安心出来ない。
闘士や戦士、剣士を軸にして戦いたい。
アレキサンダー、アリストテレスが仲間に。

・エジプト攻略 兵数1000~3000 兵数にムラがある
宣戦布告直後、エジプトの民が暴動を起こす。
この戦闘は行動済みにならないので心配せず配置できる。
術士が多く、ステータスを上下させる技を多く使う。
ツタンカーメンちゃんが仲間に。

・インカ・アステカ攻略 兵数3000~4000
前列に戦士や剣士、後列に投士や術士など、バランスのいい編成。
銃士や砲兵がいない。
インカでワイナカパック、アステカでモンテズマが仲間に。

南アメリカのインカとアステカは思いの外強く、またアステカの攻略には登山スキルが6ほど必要なため、ジェロニモ、アレキサンダーを仲間にしてからインカ、アステカに攻めることをおすすめする。インカでワイナカパックが仲間になるためこれでアステカの首都へのショートカットイベントが起こせるはず。

・ヴィンランド攻略 兵数3000前後
兵科に偏りはあまり見られない。
侵攻の度に航海スキルを要求される。
ティーチ、ドレイク、ウィリアム・キッドが仲間に。

・ロシア攻略 兵数3000~5000
ダ・ヴィンチのイベントで懐炉とエアコンを発明しないと兵数半減。
剣士、槍兵などバランスのいい編成。
アイスバーンなどでステータスが下がる地形が多い。

・EU攻略 兵数4000~5000
兵科に偏りはない。
魔方陣などにより、ステータスが上下する。

・暗黒領域攻略 兵数3000~4000
兵科の偏りはない?
ヨハネスブルグでベイリンと戦闘。
ノストラダムス、ベイリン、マーリンが仲間になる。

・バビロニア攻略
ある程度ストーリーが進むか、ジパングの版図が広がっており、バビロニアに宣戦布告していればイベントが起きてジパング領に。

・ウルク攻略 兵数6000~7000
ウルクではエンキドゥ1人が相手。苦戦はしないだろう。
バベルではエンキドゥとギルガメシュの2人が相手。戦闘開始と同時に敵のブレイブゲージがMAXになり、ギルガメシュが大技を連発。厳しい戦いになる。
また、古代英雄のため、兵数でなく体力表示。削っても攻撃力は減らない。

バビロニアとウルクだが、おそらくEUを征服しなければどうやっても攻略できない。
バビロニアに宣戦布告した状態で数ターン待ち、バビロニアの王ハンムラビに謁見するというイベントが起きれば攻略可能。イベントをこなすことでバビロニアがジパング領に。

・ブリタニア攻略 兵数5000~6000
ロンドンで壁を壊した後の2回目の戦闘で円卓の騎士の1人、ガラハドと戦う。
その後、キャメロット城の1回目でガウェイン、2回目でアーサー、ガラハド、ガウェインの3人と戦う。
アーサー、ガラハド、ガウェインが仲間に。

・イルミナティ攻略 兵数5000~7000
崑崙の太公望、アルカディアのヘラクレス、ヴァルハラのジークフリート、ティルナノーグのクーフーリン、エリュシオンのアキレスの5古代英雄と戦う。それぞれがそれぞれ突出した能力を持っている。特にジークフリートは防御20を誇るため、生半可な攻撃ではダメージを与えられない。
ダメージ+1000の宝具などで対応したい。全て倒すと仲間になる。
5古代英雄を倒した後はムー大陸が出現。ムーとの最終決戦。仲間になった古代英雄たちと共に戦えば勝てるはず。

・ナイアラルトホテップ攻略
アトランティスまではそれほど強い相手はいない。常に1軍級の英雄たちを出せば勝てるはず。
ナイアラルトホテップとの最終決戦は2連戦で、1戦目に出したユニットは出せないため、出撃させるユニットはよく考えて選ぶべき。

ナイアラルトホテップとの1戦目はナイアラルトホテップと蘇らせられたムーと雑魚敵の3ユニットが相手。それほど強くない。
2戦目は真の姿のナイアラルトホテップが相手。HP100000越え、属性がコロコロ変わるなど変則的。本気で挑むように。
2戦目のナイアラルトホテップは、ブレイブゲージが10個溜まるまではずっとチャージ、溜まった後はほぼ確殺技「這い寄る混沌」を使う。
これは多段ダメージな上に、一発20000以上食らうため、バリアーなどでも防御不能。さらに一度「這い寄る混沌」を使われると連続で使ってくる。よって、いかにブレイブゲージを10個溜めさせないかが重要。

其の一、極力属性優位攻撃をしない。
其の二、パラメデスのプライウェンやワイナカパックのインティライミなど、相手のブレイブゲージを奪う、消滅させる技を使う。
其の三、クリティカルや準備解除技でチャージを不発にさせる。

これらに気をつければ勝てるはず。アキレスに与ダメージ+1000などを付けてケイロンステップを使えば一度に20000以上のダメージを与えられる。アキレスをダメージソースにして戦えばある程度短期決戦に持ち込むことが出来る。

まとめということで、以前にも触れましたが英雄の中にはHシーンがないものもいます。
今までプレイした中でHシーンイベントがなかったのは、
*50音順
アキレス
アショーカ
アトラス
アルキメデス
エンキドゥ
カール大帝
ガウェイン
ガラハド
カンビュセス
ガリレオ
クーフーリン
クック
ケイ
コペルニクス
ジークフリート
ツタンカーメン
ダ・ヴィンチ
トリスタン
ハンニバル
ハンムラビ
パーシヴァル
パラメデス
ビリー・ザ・キッド
ベイリン
ベディヴィエール
ヘラクレス
ボールス
ファウスト
マゼラン
モードレッド
ユーウェイン
伊能忠敬
源義経
上杉謙信
石川五右衛門
孫子
孫六兼元
太公望
呂布

自分がこれまで確認したキャラクターだけですが、これらはシーンがないです。
おそらくゲスト絵師が描かれたキャラはシーンがないと思っていいと思います。
また、一部CGはあってもシーンはない、シーンと呼べるものではないキャラもいます。
購入するか考えている人、キャラ目当てで買おうとしている人はチェックしておいたほうがいいかもしれません。

・最後に
基本的に敵国を倒すだけで英雄は仲間になる。それ以外は、イベントを進めれば仲間になるので、仲間にすることに苦労することはない。
よって、英雄もイベントもターンさえかければプレイ1週目ですべて仲間にし、見ることは出来る。
宝具は高難易度ボーナスで取れるものがあるので、全て揃えようと思ったら2週以上することになるかもしれない。私は8つほど宝具を取り逃した。

ゲームクリア特典は、「宝具引継ぎ」と「ハードモード」。初めからプレイするときに選択できる。

ここわかんないってことがある場合コメントして頂ければ、分かる範囲で答えます。

『英雄*戦姫』応援しています!
ロシアを攻略して味方になるラスプーチン。
術士なのに最前列に持っていくのが効果的という、どMの名に恥じない仕様。ひぎぃ。
尽きずの釜やホープダイヤを持たせて最前列に置くのがオススメ。敵攻撃が属性優位になった場合被ダメージ側にブレイブボールが溜まることを利用して、大量にブレイブボールを集められる。

From → PCゲーム

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。