Skip to content

幼馴染「うう、おぇえええええっ!」ヨメ充! 攻略・レビュー

8月 1, 2012


公式サイト脳内彼女:公式サイト
女装山脈という男の娘ゲーを作ったメーカー、脳内彼女の新作「ヨメ充!」。
原画が好みで、体験版が面白かったので購入した。
*クリア済み。

攻略(仮)
------
*劇場でのヒロイン選択までの選択肢はシナリオに影響しなさそうです。

プロローグ
  ↓
選択肢1(まだ早いorつけるべき)でSAVE1

・まだ早い
・めくる
・リーゼに任せる
・まさか本当に……
・声をかける
(SAVE2)
・かなた
かなたEND
*** *** ***
SAVE1から
・つけるべき
・めくらない
・任せない
・からかってるだけだよな
・声をかけない
・四織
四織END
*** *** ***
SAVE2から
・神前
神前END
*** *** ***
SAVE2から
・郁乃
郁乃END
*** *** ***
SAVE2から
・リーゼ
リーゼEND
*** *** ***
全てのENDを見た後、タイトル画面から
Extra→Special Cenario
ハーレムEND
------

レビュー
あらすじ
古書店の店主である主人公は、母親の形見である本「年代記」を大切に保管していた。
幼馴染の郁乃に助けられながらなんとか古書店を経営していたが、そこに年代記を奪おうとする輩が現れる。
それは欧州のとある王国の王子であり、権力、政治力等を駆使されて追い詰められる主人公たち。
しかし、そこに王国のやり方をよく思わない王子の妹であるリーゼロッテが助けの手を伸ばしてくる。
切り抜けるためにリーゼロッテにその場を任せたが、そのせいでリーゼロッテが主人公の婚約者になってしまう。

キャラクター
リーゼロッテ:某国の姫様。超高スペックであり、姫様にも関わらず取っ付き易い性格。超大食い。
高辻郁乃:幼馴染。普段はお淑やかで家庭的だが、「女の子のめんどくさい部分を煮詰めたような性格」をしている。
堀川四織:主人公の妹。お兄ちゃん大好きなアホの子。将来の夢は豚まんとか言っちゃう。四織と会話すると知能指数が下がるらしい。
塩小路かなた:年上の男の娘。主人公の姉を自認している。Sっ気溢れる、学園の人気者。主人公をからかうが、面倒見が良い。
神前先輩:先輩。主人公の古書店で本をよく読む。余裕の態度を崩さず、飄々としている。

感想
シナリオ
・この会話前もあったよな? というものが目立った。そのあたりシナリオに違和感がある。
 例えば前日と同じ会話を、あたかも初めてしているかのような描写があるなど。
・共通シナリオが長め、というか分岐に入ってからは比較的短めかもしれない。
 このあたりは個人の好みによる。あまり個別ルートが長くても冗長なだけだ。個別ルートは平均して1ルート3~4時間程度。
・シナリオの中心にある「年代記」が、所有者の好きなように世界を変えられる力を持っているようなものなので、
 エキセントリックな展開(トンデモ展開)がある。
・神前先輩ENDがぁぁ……私の、名前はねぇぇ!?
・男の娘ボテ腹END、妹結婚END、転生ENDなどあり。
キャラ
・脇役キャラが魅力的であり、特にメイドのドナースタークや郁乃の両親、主人公の友人たちが面白い。
・独特の会話・テンポがあり、時折予想した展開を飛び越えることがある。
・幼馴染の郁乃がいいキャラをしている。嫉妬モロ出し、ラーメン二郎食べ過ぎでゲロるなど、物好きにはご褒美。
 ゴキブリを庇ったヒロインで有名な某カニさんや、土を食べたヒロインで有名な某グリーンさんなどに通じるものがある。
・テンプレから一捻りしたキャラが多く、「まーたこういうキャラか」というのが少ない。

総合
シナリオは、所々粗が目立つが、許容範囲。シナリオを重視する人にはやや物足りないかもしれない。
「年代記」という本のファンタジー要素が許容できない人は厳しいかもしれない。
シナリオよりはキャラクターを全面に押し出していく作品であるため、好きなキャラがいる、もしくはキャラ萌えできる人は
買う価値はあると思う。濁りきったものがとぐろを巻いているような幼馴染や、Sっ気たっぷりな男の娘、アホな妹などが
好きな人は是非とも購入するべきだろう。
キャラ同士の掛け合いもよく、中でも幼馴染である郁乃のぶっ飛びっぷりが面白い。
色々と変わり種な要素があり、テンプレ的な展開のゲームに飽きた人には適しているだろう。
サブキャラのドナースタークが可愛い。ファンディスク作ってくれないかな。

↑ドナースターク。ドMで奴隷根性溢れるメイド。だってメイドですから! でなんでも許されると思ってる。

以下、問題のゲロシーン。



↑「ラーメン三郎」なる大食いラーメン屋で大食い勝負をした挙句、食べ過ぎでゲロるヒロイン。

From → PCゲーム

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。